一般社団法人 日本消化器がん検診学会

認定制度

新規読影補助認定手続きについて

2020年度胃がん検診専門技師による読影補助認定手続きを下記の通り実施いたします。

1.日程概要

 申請書ダウンロード期間 2020年3月1日~3月31日
 e-ラーニング講習受講期間 2020年3月1日~5月31日
 申請書提出期間 2020年4月1日~5月31日(消印有効)厳守
 認定証送付 2020年9月下旬~10月初旬(予定)
資格新規取得フローチャート

2.読影補助認定申請対象者

2020年度年会費まで納入している者(年会費払込票は,4月上旬頃に発送いたします)
胃がん検診専門技師で,1回以上の更新を完了している者

3.認定要件

(1) 2015年3月31日までに入会している継続5年以上の本学会会員で、専門技師としての実務経験が5年以上あること(但し、専門技師資格保留者は申請できません)
(2) 申請時までの過去3年間に本学会の総会、大会(JDDW)、支部主催の地方会のいずれか1回以上出席があること
(3) 本学会が主催する胃がん検診専門技師研修会に申請時までの過去3年間に1回以上出席があること
(4) 本学会の胃X線読影判定講習用e-ラーニングの修了証を有していること
(5) 撮影実績は、申請時までの過去5年間で総数1,500例以上の胃X線検診実績報告書(対策型・任意型実施数を記入する所定の書式のもの)を提出すること。実績証明には申請時に所属する施設長の承認印が必要である

尚,NPO法人日本消化器がん検診精度管理評価機構が実施する試験(技術B・読影B)は本制度の認定に必須の要件ではありませんのでご留意ください。

4.申請書について

入手期間 2020年3月1日~3月31日
上記期間中にパーソナルページ 注)の資格申請「胃X線検診読影補助認定」より新規申請書をダウンロードしてください。
※申請書はWordとPDFの2種類の中からお選びください。A4サイズ(縦297mm×横210mm)、片面印刷で印刷してください。

注)事前にパーソナルページへのログイン手続きを完了させてください。
パーソナルページに初めてアクセスする場合は、初回ログインお手続きページより、自身でログイン用のパスワードを設定する必要があります。会員番号、メールアドレスなどが不明な場合は、事務局までお問い合わせください。
認定審査料 認定審査料のお支払いはWeb決済システム「イベントペイ」で行います。
〔支払方法〕
 ①クレジットカード
 ②コンビニ(ローソン,ファミリーマート,セイコーマート,ミニストップ)
 ③ペイジー(銀行)
認定審査料はいかなる理由があっても返却いたしませんので,申請書類がすべて揃ってからお振込みください。
※ 受領証,領収証の発行は,Web決済会社「スタッフペイメント株式会社」または「イベントペイ」になりますので,学会で再発行はできません。
支払期限は1週間となります。期限が切れますと自動的にキャンセルとなりますのでご注意ください。

15,000円 イベントペイ使用料600円(各自負担)
イベントペイURL:https://eventpay.jp/event_info/?shop_code=7532911519519985&EventCode=P440238320
4月1日よりお申込み画面が表示されます。

申請書類一式(提出書類)

1. 2020年度新規読影補助認定申請(パーソナルページ「資格申請」よりダウンロード
・履歴書
・撮影実績証明書
・研修実績の証明書類
2. 診療放射線技師免許証あるいは診療エックス線技師免許証の写
3. 胃がん検診専門技師認定証の写(但し有効期限内のものに限る)
4. 胃がん検診専門技師研修会修了証書の写
5. e-ラーニング講習修了証の写
6. Web決済(イベントペイ)した審査料の領収書または受領証の写

*申請書類は丁寧にご記入ください。判読不明,提出書類の不備があった場合は返却いたします。
*申請書類提出期限が近くなりますとお問合せが多くなり,対応が遅れる場合がありますので,早めのご準備をお願いいたします。

5.e-ラーニング講習について

受講期間 2020年3月1日~5月31日
パーソナルページのe-ラーニングバナー.pngより入室し,受講登録および受講料をお支払い後に受講が可能となります。
※e-ラーニング講習は,2020年度読影補助認定申請対象者以外は,受講できないよう設定されています。
受講料 15,000円 システム使用料750円(各自負担)(クレジットカードのみ対応) 返金はいたしません。
症例問題で一定の点数に達すると合格となり,「修了証」がご登録メールアドレス 注)宛てに送付されます。不合格の場合は、修了証は発行されません。
注) 受講期間中はメールアドレスの変更をなるべく行わないようにしてください。修了証が届かない恐れがあります。
修了証の発行には1週間程度を要しますので,余裕を持って受講してください。
修了証の有効期間は,取得した年度より3年間です。  例)2020年度取得→2023年度申請まで有効
症例問題で不合格になってしまった場合は,受講期間であれば合格するまで何度でも受講できます。合格者についても,受講期間内であれば何度でも症例問題の受講は可能です。
講義の視聴および症例問題は,途中でやめても続きから行うことができます。

6.提出について

提出期間 2020年4月1日~5月31日(消印有効)厳守
提出物確認
チェック

本学会の胃がん検診専門技師認定取得後の実務経験は,5年以上ですか?
撮影実績数は十分ですか? また,所属施設の公印または所属長印が押印されていますか?
診療放射線技師免許証あるいは診療エックス線技師免許証のコピーは貼付されていますか?
1回以上更新された胃がん検診専門技師認定証のコピーは貼付されていますか?
過去3年以内の本学会主催の総会・大会(JDDW)・地方会の参加証のコピーは貼付されていますか?
過去3年以内の本学会主催の胃がん検診専門技師研修会のコピーは貼付されていますか?
e-ラーニング講習修了証のコピーは貼付されていますか?
審査料(15,000円)の領収証のコピーは貼付されていますか?
申請書に記入漏れはありませんか?
申請書はすべてのページをまとめ,ホチキスまたはクリップなどで留めましたか?
希望者のみ】受領確認用の「官製はがき」の表面には,申請者の連絡先住所が記入されていますか?(裏面は白紙のままで結構です)

最後の設問以外のすべてにチェックが入ったところで申請書をご提出ください。
提出方法 提出期限までに申請書類一式(受領確認を希望される方は「官製はがき」を同封してください)を,申請書が折らずに入る大きさの封筒の表に読影補助認定申請書在中」と朱書きのうえ,配達記録の残る方法(簡易書留やレターパックなど。持参は不可)にて下記「読影補助認定委員会」宛てにご送付ください。
提出先 〒112-0014 東京都文京区関口1-19-2  第2弥助ビル3階
       日本消化器がん検診学会 読影補助認定委員会 宛
お問合せ先 x-dokuei@jsgcs.or.jp
※お問い合わせはメールでのみ対応いたします。

7.認定証の発送

読影補助認定制度委員会の審査後,理事会の承認を得て9月中旬~10月上旬頃までに発送を予定しております。10月末になっても未着のようでしたら事務局までご連絡ください。

2020年度読影補助認定に必要な学会参加対象一覧

認定申請には、下記のいずれか1回以上の参加証(領収証以外のすべての部分)の写が必要です。【必須】
大会(JDDW)の「メディカルスタッフプログラム」は参加対象外です。

注)一覧にない学会は、対象外となりますのでご留意ください。

学会名 2017年度(平成29年) 2018年度(平成30年) 2019年度(令和元年)
総会 第56回 つくば
6月23・24日
第57回 新潟
6月8・9日
第58回 岡山
6月7・8日
大会(JDDW)※ 第55回 福岡
10月12~15日
第56回 神戸
11月1~4日
第57回 神戸
11月21~24日
北海道地方会 第47回 札幌市
7月8日
第48回 札幌市
7月14日
第49回 札幌市
7月6日
東北地方会 第55回 盛岡市
6月30日・7月1日
第56回 仙台市
7月6・7日
第57回 秋田市
7月5・6日
関東甲信越地方会 第77回 横浜市
8月26日
第78回 宇都宮市
9月2日
第79回 前橋市
9月29日
東海北陸地方会 第47回 富山市
12月2日
第48回 岐阜市
12月1日
第49回 金沢市
11月30日
近畿地方会 第46回 奈良市
8月26日・27日
第47回 大津市
8月4・5日
第48回 京都市
8月24日
中国四国地方会 第48回 高松市
12月9・10日
第49回 鳥取市
12月8・9日
第50回 高知市
12月7・8日
九州地方会 第47回 熊本市
9月30日
第48回 福岡市
9月15日
第49回 鹿児島市
9月21日

胃がん検診専門技師研修会一覧

研修会名 2017年度(平成29年) 2018年度(平成30年) 2019年度(令和元年)
胃がん検診専門技師研修会 横浜
はまぎんホール
10月6日
東京
日経ホール
10月7日
横浜
はまぎんホール
10月26日

認定制度