一般社団法人 日本消化器がん検診学会

学会概要

演題応募における倫理審査

 会員の先生方におかれましては既にご周知の事と存じますが、平成26年12月22日に「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」(文部科学省、厚生労働省)が告示され、平成29年2月28日に一部改正されました。これに伴い、学術集会(総会・大会(JDDW)・地方会)、学会誌など本学会を通じて公表される研究成果は「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」を遵守して行われた研究に基づいていることが義務付けられました。

 臨床研究法の施行に伴い本学会における倫理指針を10月に制定しましたが、JDDW2019倫理指針等の確定に伴い、本学会も見直しを行い12月17日に改定し、2019年1月16日から施行することと致しました。改定に伴い、以下文章中の資料も更新しております。
 つきましては、2019年2月以降の演題募集受付(第57回大会から対象)及び地方会から「JSGCS 演題登録時 Medical ethics 申請(改正日:2018年12月17日)」※に基づいてご登録いただきますようお願い申し上げます。

 なお、症例報告につきましては、9症例以下までを倫理審査は不要としておりますが、症例数に関係なく有効性・安全性を評価するなど研究性があるものは倫理審査を必要としますので、ご留意ください。  倫理申請の要不要については、「JSGCS応募演題・論文投稿のカテゴリーを判定するためにフローチャート」(改正日:2018年12月17日)、 必要な手続きについては「臨床研究の種類と規制」(改正日:2018年12月17日)、「臨床研究における法令の適用範囲」(改正日:2018年12月17日)をご活用ください。 なお、その他、不明な点については「JSGCS倫理指針Q&A」(改正日:2018年12月17日)をご確認ください。

倫理審査が不要な研究

  • 動物実験や一般に入手可能な細胞(iPS 細胞,組織幹細胞を含む)を用いた基礎的研究。
  • 9例以下をまとめた研究性のない症例報告。 (但し、症例数に関係なく診療の有効性・安全性を評価するなど研究性のあるものは倫理審査を必要とする。)
  • 法令に基づく研究(臨床研究法、再生医療等安全確保法は除く)。
  • 既に学術的な価値が定まり,研究用として広く利用され,かつ,一般に入手可能な試料・情報を用いた研究。
  • 既に匿名化されている試料・情報(特定の個人を識別できない状態に加工され,対応表がどこにも存在しないもの)を用いた研究。但し,体細胞由来のゲノムデータ解析は除く。
  • 既に作成されている匿名加工情報または非識別加工情報を用いた研究。
  • 論文や公開されているデータベース,ガイドラインのみを用いた研究。

本学会倫理審査委員会

 自施設に倫理審査委員会を持たない施設への救済措置として、2018年2月より単施設による研究で、介入・侵襲なし(軽微な侵襲ありは含む)、かつ、「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」適用外の研究に限って、本学会倫理審査委員会で有料審査[1件20,000円(税込)]を行うことになりました。
 詳細は、「倫理審査が設置されていない研究機関からの倫理審査の受託」をご確認ください。審査の条件に該当しない場合は審査を受託することができませんので、ご了承ください。
 審査が集中した場合、判定まで通常の審査より時間を要することがございますので、ご審査のお申し込みはお早めにお願します。
 なお、審査に関しては試験的に行うものであり、状況によって中止とさせていただくこともございます。予めご了承ください。

お問い合わせ先

倫理審査に関してご不明な点がございましたら下記専用までお問い合わせくださいますよう、お願い申し上げます。

 専用アドレス rinrishinsa@jsgcs.or.jp
 一般社団法人日本消化器がん検診学会 倫理審査委員会 係
 〒112-0014 東京都文京区関口1丁目19番2号 第2弥助ビル3階

2019年1月
一般社団法人日本消化器がん検診学会
倫理審査委員会

 

ADOBE PDF READER

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。ダウンロードはこちらから。

学会概要