一般社団法人 日本消化器がん検診学会

認定制度

大腸CT検査技師認定制度に関するお知らせ

一般社団法人日本消化器がん検診学会
大腸CT検査技師認定委員会 委員長 野崎 良一
(大腸がん検診精度管理委員会 委員長)

本学会では,十分な検討と議論の積み重ねを経て,新時代の要請に応える大腸CT検査技師を育成する上で,エビデンスに基づいた標準的な大腸CT検査を実施する技術と知識を有していることを評価する新たな認定制度の導入が必要と判断するに至りました。そこで,新たな日本消化器がん検診学会大腸CT検査技師認定制度として,この度,「大腸CT検査技師認定」を立ち上げ,下記の通り,本制度下での技師認定を実施することといたしましたので,御案内申し上げます。

1.申請のために第59回日本消化器がん検診学会総会(2020年 6月5日(金)~7日(日)福岡市)で開催される大腸CT検査教育研修会の出席、2019年度中(事業年度4月1日〜翌3月31日)の本学会への入会等が必須となっています。

2.大腸CT検査技師認定要件

  • (1)診療放射線技師免許証あるいは診療エックス線技師免許証を有すること。
  • (2)申請時において1年以上本学会の会員で当該年度の会費が納入されており、大腸CT検査撮影技師としての実務経験が1年以上であること。
  • (3)本学会の指定する20症例の読影トレーニング*を実施したレポートを提出すること。自施設で読影トレーニングができない場合には、本学会が主催する大腸CT検査実践トレーニングコースに1 回以上の出席をすること。
  • (4)本学会が主催する大腸CT検査教育研修会に、会員として1 回以上の出席があること。
  • (5)撮影実績は、申請時までの過去3年間に大腸CT検査100例以上の撮影経験を有していること。

*日本消化器がん検診学会 大腸CT検査技師認定委員会および消化管先進画像診断研究会監修「症例で学ぶ大腸CT診断 大腸CTを身につける!」(株式会社シービーアール 刊)に付属しているDVDディスクをDICOMデータのインポートが可能なワークステーションにて画像構築し、その中の全20症例の読影トレーニングをおこなうもの。各症例の読影完了ごとに、ご使用のワークステーションにて読影レポートを作成し印刷のうえご提出下さい。

3.第1回大腸CT検査技師認定制度申請日程と認定審査料

  • 申請書類請求期間:2020年3月1日~2020年6月20日
  • 申請書類提出期間:2020年4月1日~2020年6月30日(必着)
  • 認定審査料:10,000円

4.提出先

〒112-0014 東京都文京区関口1-19-2 第2弥助ビル3階
一般社団法人日本消化器がん検診学会 大腸CT検査技師認定委員会 宛

認定制度